映画「天気の子」考察、物語の中で出現する「銃」の正体、歌の意味など

本当に、すべての現代人が考えるべきテーマです。

11
夏美は「銃の運び屋」の機能を担い、間接的にも「世界を自分で選びとる」行動にでました。

『天気の子』の“モヤモヤ感”の正体…粗が目立つ物語&回収されない伏線への違和感

帆高の選んだ答えが「東京の大水害」という、多くの人を巻き込んだ現実的な困難に結びついていることです。 3億円】を記録し、 興行収入ランキングで歴代4位を記録しております。 笑 「大人はわかってくれない」-The Catcher in the Ryeの世界- この場所は俗物と欺瞞に満ちている。

12
見方によっては、監督が、答えを出すことを諦めたかのように見える、言葉です。

【考察】『天気の子』回収されていない伏線・謎を徹底解説┃陽菜の父親が須賀圭介!?

帆高を探す安井刑事が須賀の事務所に来て話をするシーンで、須賀はなぜか無意識に涙を流します。 須賀と夏美も畑側の人間ではありますが、そこから出なくてはいけないとも感じています。 こんな風に「」は絶妙に「新海色」が消臭された作品でした。

8
あくまで天気に「お願い」するだけ。

新海誠作品「天気の子」の考察

古くは「」と呼ばれ、神々が命の源である「水」を、どこにどれくらい配分するかを会議した「水配り」と呼ばれる伝説がある島です。 』肯定派の私も、今回のはよくわからない部分が多かった。

18
B なるほど。 そこに細やかな風景描写とキャッチーな音楽、少年少女の一 途な想いが重なり、大ヒットしたのだと思います。

『天気の子』ネタバレ考察。銃を撃つ意味からラスト水没した東京の姿を解説【正義の行使としての愛】

賛否を巻き起こすだろうなというのが見えた。

7
もちろん帆高と陽菜の決断が許せない人もいるかもしれません。

天気の子の感動と謎と考察|街河ヒカリ|note

しかし、さすがに無理がありますね。 という、テーマを持った作品であると考察できます。

しかし、須賀、夏美、陽菜、凪という疑似家族を得て、陽菜の力で街を「光の水溜り」にすることで、「東京」は次第に彼らが子供のまま過ごせる「畑」となっていきます。 主題歌・劇伴も前作につづきRADWIMPSが担当。

【ネタバレ注意】映画『天気の子』の“なぜ”を分かりやすく解説・考察 水の魚が意味するものとは?

そんな物語だ。 映画『天気の子』の作品情報 C 2019「天気の子」製作委員会 【公開】 2019年(日本映画) 【監督・脚本】 新海誠 【キャスト】 (声の出演)醍醐虎汰朗、森七菜、吉柳咲良、平泉成、倍賞千恵子、小栗旬 【作品概要】 天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女がみずからの生き方を選択する長編アニメーション。 例えばですが、 夏美が陽菜に対して「晴れ女は、天気を晴らす人柱(犠牲)になる運命だ」という旨を伝えたことを須賀が知ると、 須賀は夏美に対して「お前、人柱の事、伝えたのか!?」みたいな感じで、激怒していましたよね? 我々聴衆は『あれ、何で須賀、晴れ女についてそんなに詳しいの?』『なんでそんなに感情移入して怒っているの?』という疑問が湧いたかと思います。

18
重いテーマではありますが、そのテーマに対して全ての現代人が「当事者」として「自分事」として考えてほしいという、新海誠監督の意思を感じる作品でした。