新日本酒紀行「彌右衛門」(2021年2月28日)|BIGLOBEニュース

2010年 - :月1回程度土曜日 11:30 - 11:54 再放送 [ ] 総合テレビ• NHKのラジオ放送開始70周年を迎えたからにかけて、(に放送された「 三重連の峠〜秋田・青森県境 矢立峠〜」の回など、過去の再放送などを通して特に人気のあった作品60本を傑作選としてNHKソフトウェア(現:)、 現: 販売で第1期・第2期に分けて各30巻ずつ、全60巻のビデオソフトとして発売された。 - 3月:月1回程度水曜日 11:25 - 11:54 主なナビゲーター [ ]• その他にも、各地方放送局のアナウンサーがナレーターを担当したこともある(から頃の放送でよく見られる)。

4
1969年4月8日 - 3月30日、 - 3月30日:毎週火曜日 23:20 - 23:50• ただし、近畿地方は『』放送のため9:50 - 10:14に放送。 1978年 - 1982年3月10日:毎週水曜日 22:00 - 22:30 再放送 [ ]• 2006年 - 2006年:毎週日曜日 17:20 - 18:00(スポーツ中継などにより放送休止や時間変更あり)• からまでの当時は、放送用に使われるVTR 録画 (、)が大変高価なために、放送された番組のほとんどは消去されて新番組の収録に再利用されるのが一般的であった。

新日本紀行

概要 [ ] 日本で初めての本格的なでが日本各地の原風景を訪ね、それにやを加えるという体裁を取り入れた。

17
蔵は日本百名山の飯豊山の麓で飯豊蔵と命名。

新日本紀行

月曜日21:00 - 21:30 前番組 番組名 次番組. 仕込み水は山の伏流水 Photo by Yohko Yamamoto 米作りからエネルギーまで、 喜多方で賄う地酒蔵 福島県喜多方市と奈良県は直線距離で500kmも離れているが、太い絆があり移住者も多い。 35haの自社田で酒米の福の香、夢の香、山田錦を、無農薬か減農薬で栽培する。 また、『新日本紀行』のVTR(フィルム映像)が流れる時に現役のアナウンサーが吹き替えでナレーションを担当することもある。

2
2000年に始まったかつてのNHKの傑作番組を再放送する『』の中でも同番組が度々放送される。 しかし、当番組に至っては1982年の最終回まで一貫して(16㎜フィルム)で撮影されている為、全793本の映像が現存している。

特定非営利活動法人新日本歩く道紀行推進機構

そのほかに、飯館村など酒蔵がない地域の農家からの委託醸造も。 1966年4月6日 - :毎週水曜日 11:20 - 11:50• 2007年に農業法人大和川ファームを立ち上げ、原料米を自社栽培で賄う。 1978年 - 1982年3月14日:毎週日曜日 7:30 - 8:00 本放送時の主なナレーター [ ]• 2012年5月にが開局80周年記念として『京都スペシャル・新日本紀行ふたたび』を放送した。

20
『』を差し替えて放送。

新日本酒紀行「彌右衛門」(2021年2月28日)|BIGLOBEニュース

本編後には『新日本紀行ふたたび』と同様に舞台となった日本各地をもう一度訪れて、当時との歴史を比較していくミニコーナーが設けられている。

20
その200年後の1990年に濁川(にごりがわ)の岸辺に最新鋭の酒造設備の飯豊(いいで)蔵を建てた。

特定非営利活動法人新日本歩く道紀行推進機構

初頭になると、これまで放送用に使われた16ミリフィルムを高精細のにし、映像加工やHDR技術を取り入れることで本来の放送形態にまで修復された。 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'67』 日本放送出版協会、1967年、87頁。

その他のアナウンサーがナビゲーターを担当したこともある。

新日本紀行

1976年 - 4月1日:毎週土曜日 11:20 - 11:50• 放送時間の遍歴 [ ] 初回放送 [ ]• 2008年 - :毎週日曜日 4:15 - 4:44• 米、水、造り手に加えエネルギーまで賄う酒蔵を目指す。 2007年 - 2008年:毎週土曜日 11:00 - 11:35(放送時間が35分間に短縮)• 2008年 - 2010年3月20日:毎週土曜日 11:25 - 11:54(放送時間がさらに短縮され29分間に変更。 2018年12月8日 - :毎週土曜日 8:00 - 8:45 再放送 [ ]• 2005年4月9日 - 2006年:毎週土曜日 22:20 - 23:00• 以降は11:53までとなり28分間に変更)• 1964年 - :毎週月曜日 19:30 - 20:00• 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'68』 日本放送出版協会、1968年、90頁。

1963年 - 1964年:毎週木曜日 11:00 - 11:30• 特にリクエスト放送が始まった以降は放送頻度も増えて、これが後述の『新日本紀行ふたたび』の誕生のきっかけとなる。