iPad Air(第4世代)のレビュー!

さらにAR体験を向上させてくれる 「LiDARスキャナ」 も搭載されていて、ARゲームや3Dスキャンを大画面で楽しむこともできる。 iPad Air(第4世代)の外観 スカイブルーも捨てがたかったのですが、今回は個人的な趣味でグリーンをチョイス。 5nmプロセスを使用した新開発6コアプロセッサ。

7
背面カメラ:1200万画素・F値1. 9倍ほどで おおよそiPad Pro 2020 と同等、もしくはそれ以上の性能ということになる。

iPad Air (第4世代)

YouTube動画やラジオを聴く分には何ら問題はないものの、Apple TV+などで動画を視聴するにはお世辞にも十分とは言い難いため、iPad Air 第4世代 で映画を堪能することを考えているのであれば、やはりHomePodなどの外部スピーカーやヘッドホンなどを用意したいと感じた。 底面にはLightningに代わって、新たにUSB Type-Cポートが搭載された。

初代モデルと2代目モデルは、その名の通り、無印のiPadよりも薄さや軽さを追求したモデルだったが、iPadの薄型・軽量化が進み、iPad Airならではの特徴を打ち出すのが難しくなっていた。

「iPad Air(第4世代)」レビュー。iPad Proより速くて安い万能モデル

Magic Keyboardと組み合わせての使用を検討している方は、この点についてもよく考えていただきたい。 該当箇所は修正済みです。

非常にお買い得に感じますね。

iPad Air (第4世代)

iPad Pro 12. スマホ購入時は送料無料• 以前のiPad Air 第3世代 も同じステレオスピーカー仕様ではあったものの、Lightningポートの左右にそれぞれ1つずつという配置だったため、横向きにしたときに音が片方からしか聞こえてこなかった。 ただ 指を当てる部分がホームボタンではなくトップボタン 電源ボタン に変更になっただけだ。

6
さらにUSB Type-Cハブを接続するとSDカードスロットやUSB-Aポートなどを拡張でき、これらに対応したアクセサリをiPad Air 第4世代 で使用することが可能だ。 iPad Air(第4世代)ではApple Pencilは第2世代に対応し、Smart Keyboard Folioに加えてMagic Keyboardも利用できます。

iPad Air(第4世代)発表! 今すぐポチれるケース&フィルムまとめ

<関連記事> まずはApple純正のSmart Folioから。 新搭載された指紋認証センターは電源ボタンと一体化されており、画面をつけるのと同時にロック解除ができます。 結局、シンプルなデザインが一番良いということですね。

13
Wi-Fiモデルの価格は64GBモデルが62,800円、256GBモデルが79,800円(いずれもアップルストア価格、税別)で、価格差は17,000円。 動画の編集や、3Dゲームもサクサク動いて快適に使用できそうです。

「iPad Air(第4世代)」レビュー。iPad Proより速くて安い万能モデル

流石にiPad Proのディスプレイよりは多少明るさなどは劣るものの、Liquid Retinaディスプレイはかなり高精細でコンテンツなどは十分以上に楽しめるでしょう。 もちろんiPad(第8世代)も3万円台でA12 Bionicを搭載しているのはかなりコスパが良いと言えますが、せっかく購入するなら差額以上の価値があるiPad Airがおすすめ。

19
コネクタ:USB-C• 2インチ 30W• A14 BionicはA12 Bionicより処理速度が40%向上。

iPad Air 第4世代の評価レビュー|買う理由と買わない理由│スマホのススメ

またプロセッサの性能については確かにiPad Air 第4世代 の方が高い側面もあるが、iPad Proも決して処理性能が遅いわけでもないため、あまり気にする箇所ではないように思える。

更にデザインがフラットになったことで、しっくりくるサイズ感になりおすすめです。 これまでのiPadシリーズでは前例のない新しい認証方法ということで、興味がある方も多いのではないだろうか。