株式会社吉野工業所の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (0071)

1945年 ベークライト・による化粧品・薬品・食品の容器・キャップの加工販売を開始• 1996年• 評価制度:年功序列です。 その多くが実は私達の製品です。

1
1996年 ISO 9002 プラスチック及び容器の製造資格取得 事業所 [ ]• 45;-webkit-transition:opacity. 2005年• 金属化粧品容器 製造方法 [ ]• まさに、吉野工業所の歩んできた歴史はプラスチック容器の開発史と言っても過言ではありません。

【ブロー成形容器】特許総合力トップ3は東洋製缶、吉野工業所、大日本印刷

内容物の鮮度、風味を従来のPET容器よりも長く保持出来るガスバリア性の高いシリカ蒸着PET容器を開発• インジェクション成形• 小川第二工場:栃木県那須郡那珂川町小川3415-26• 1935年• 5;color: 565e65;font-weight:700;-ms-flex-positive:1;flex-grow:1;line-height:1. それが吉野工業所です。 宇都宮工場:栃木県西水沼2150• 1952年• 1978年• 8日 前年度の育児休業取得対象者数(男女別) 女性 男性 合計 2018年 17名 0名 17名 前年度の育児休業取得者数(男女別) 女性 男性 合計 2018年 17名 0名 17名. 金型加工専用工場として那須小川工場 栃木県 を新設、操業開始• リターナブルPAN容器の生産を開始、ビール用ボトルとして日本で初めて採用される プラスチック製缶詰容器を開発• 1975年 ノンガスタイプのYスプレーを開発、販売を開始• 賞与は基本給の2倍程度にあります。 1942年 コルク製造に併せての加工・販売を開始• インジェクションブロー成形(ペットボトル)• 世界で初めて内容物の残量が視認できる帯状のウインドウを付加した2軸延伸PETボトルを開発• 1935年 コルク製造販売の事業を創立• 2018年• 吉野工業所は、人が豊かな生活を楽しみ、自然を大切にしてゆくために、今後とも力を尽くしてまいります。

8年 月平均所定外労働時間(前年度実績)• 、塗装 沿革 [ ]• 吉野工業所の吉野祥一郎社長の魅力・評価 全2件 「【社長】吉野祥一郎独善的で人の意見を全く聞かない社長です。

吉野工業所の業績/売上/事業の将来性と成長性(全12件)【転職会議】

1978年 及び薄肉の射出成形による食品容器の生産を開始• 吉野工業所は、容器製造のみならず、モノづくりの基盤となる生産機械や金型の設計、開発、製造も自社で行う一貫体制があります。

15
1976年 日本で初めての()による醤油用ボトルの生産を開始 仏社()に対し、Yスプレーの技術援助契約を締結、製品の輸出を行う• 現場を全く知らないのに現場に.。

吉野工業所

1989年• 2014年• 真岡工場:栃木県松山町21番3号• 大分工場:大字西大堀540• 滋賀工場:西老蘇310• 小川金型工場:栃木県那須郡那珂川町小川3415• ノズルの先端にシール機構を設け、内容物が固化しないノズルシャットオフポンプの生産開始• その他、手当については家賃手当とはなく、福利厚生面で少し弱い感じがします。 米国から射出成形機を購入し日本のプラスチック容器業界における射出成形の先駆を切る• 1998年• 現在では、皆さんのライフスタイルに欠かせないPETボトル。

7
- タイ・社との合弁企業• ブロー成形はプラスチック加工の一種であり、ペットボトルなどの製造に用いられます。 東洋製缶は吉野工業所に比べて有効特許件数(取下げ、拒絶査定、失効を除く出願件数)が半数以下にも関わらず、総合力で同社を上回っています。

【ブロー成形容器】特許総合力トップ3は東洋製缶、吉野工業所、大日本印刷

ポンプ・スプレー• 36協定等で残業制限もあり、お金が欲しい人にとっては少し物足りないかもしれないです。 2018年• 那須小川工場:栃木県吉田28• 1973年 米国社と安全キャップに関する専用実施権契約を締結• 自然の恵みにあずかり、自然とともに生きてきた人間は限りある資源を効率よく使い、可能な限り再利用していかなければなしません。 逆に吉野工業所の件数が目立つ課題としては「減圧吸収」、「減容」が挙げられます。

10
積層炭酸ハイブリット容器軽量化とCOバリアー性UPを実現 押出しブロー成形による植物由来原料のポリ乳酸とポリエチレン積層容器を開発 食用油向けに植物由来原料のポリ乳酸(PLA)シリカ蒸着ボトルを開発• また、東洋製缶は1件の公報が複数の公報に引用されるケースが多いということも同社の特徴として挙げられます。 金属部品を使用しないオール樹脂トリガーを開発• ダイレクトブロー成型• 1994年 工業所有権制度関係功労により特許庁長官賞を受賞 SPE(全米プラスチック技術者協会)よりブロー部門賞を受賞• 「あったら良いな」 「出来たら良いな」を熱意と技術力でカタチにしてしまう。

(株)吉野工業所の新卒採用・会社概要

図3:技術課題別 出願状況比較 本分析の詳細については、 特許・技術調査レポートの「ブロー成型容器関連技術」に掲載しています。 静岡工場:森本900• 本調査分野では東洋製缶と吉野工業所の2社が総合力で他社を圧倒しています。

4
1989年 の生産を開始、ビール用ボトルとして日本で初めて採用される プラスチック製缶詰容器を開発• 福岡工場:岸井480• 8時間 平均有給休暇取得日数(前年度実績)• 05 ;box-shadow:0 2px 6px rgba 0,0,0,. などしてくださる()。 (注1):総合力の評価では、個別特許の注目度を得点化する、「」を企業や研究機関ごとに集計し、パテントスコアが50点以上のものを合算しています。