相鉄線(相模鉄道)の時刻表/路線図/定期代

PDF プレスリリース , 相模鉄道株式会社, 2019年9月6日 , の2019年9月4日時点におけるアーカイブ。 関連項目 [ ]• これらの扱いにより、大崎駅 - 鶴見駅 - 羽沢横浜国大駅間の運賃計算は品川駅・大井町駅を経由した距離で計算することになる。 旅客列車はすべて海老名駅経由となり、相模国分~厚木間は貨物線となった。

2
相鉄・JR直通線の列車本数 朝ラッシュ時間帯は1時間に4本 15分に1本程度 、それ以外の時間帯は1時間に2〜3本 20〜30分に1本 の列車が設定される見込みです。 急な降雨等の窓閉めのご協力もあわせてお願いいたします。

神奈川東部方面線

(平成25年):鉄道建設・運輸施設整備支援機構が相鉄・JR直通線の開業時期の延期(2018年度内開業)を発表。 横浜市議会議事録、平成18年 まちづくり調整都市整備委員会 [ 02月03日-01号 ]• と羽沢横浜国大駅間との各駅相互間(新川崎駅・武蔵小杉駅間)• また、では、振替輸送の対象区間において、相鉄・JR直通線のJR東日本管轄区間の路線名を「相鉄線直通」として位置付けている。 また、車両のつり革や手すりなど、車内においてお客さまが頻繁に触れる箇所の消毒や、可能な限り係員が車内の窓開けを行っております。

19
- GetNaviWeb。 - JRおでかけネット、2019年11月22日閲覧。

神奈川東部方面線

鉄道・運輸機構を整備主体として西谷駅 - 羽沢横浜国大駅間に連絡線を整備し、相鉄とJR東日本が相互を実施する。 旅客案内上は相鉄線ととの直通列車として案内される [ ]。

16
6 東日本旅客鉄道: 山手線 JY 24 ・ 湘南新宿ライン JS 17 : R 08 JS 16 区 5. (8月28日更新)• 累計営業キロ• (平成31年・元年)• 相模鉄道厚木線の位置 国土地理院地図を加工 戦時中に相模鉄道の本線は国有化され、相模鉄道は神中線と厚木線を運営する会社になった。 2019年9月7日閲覧。

相鉄グループ

相鉄線沿線や新横浜から綱島へのアクセスが向上するので、綱島エリアの拠点性が高まります。 2018年12月1日19時発信、2019年3月3日閲覧。

運行列車は、相鉄本線西谷駅からJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近に設けられる新駅「羽沢横浜国大駅」を経由して、JR東海道貨物線を経由し、JR横須賀線を経由し、大崎駅からはJR山手線を経由し、新宿駅方面まで直通運転を行います。 (例)名古屋駅(名古屋市内) - 【東海道本線】 - 横浜駅 - 【横須賀線・湘南新宿ライン】 - 武蔵小杉駅 - 【相鉄・JR直通線】 - 羽沢横浜国大駅(横浜市内) 本特例は武蔵小杉駅を経由することを事実上「外を経て」いないものとみなすものである。

神奈川東部方面線

(8月25日更新)• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 列車種別 [ ] 相鉄・JR直通線の列車種別で停車駅の区別があるのは相鉄側(羽沢横浜国大駅 - 海老名駅間)のみである。 1回につき500名が乗車できたという。

1
列車の運行ルート [ ] の新宿駅から、・を経由し、と同じルートでに合流する。 乗換路線 乗換路線はありません• , 2020年12月10日閲覧。

相鉄・東急新横浜線は2022年度、相鉄・JR直通線は2019年度開業!神奈川東部方面線完成へ向けて

- 相鉄グループ 2018年4月26日発信、同年5月15日閲覧。 相鉄・東急新横浜線の開業時期 2022年度後半の開業を予定し、工事が進められています。

7
相鉄・JR直通線と相鉄・東急新横浜線の路線図 青色の路線が相鉄・JR直通線、黄色の路線が相鉄・東急新横浜線です。 2019年9月7日時点のよりアーカイブ。

神奈川東部方面線

車両 [ ] 直通列車には、相鉄線および埼京線で運用される車両のうち以下の2形式のみが充当される。

16
JR線区間の列車運行情報では「相鉄線直通列車」として案内がなされている。 (例)国道駅 - 【鶴見線】 - 鶴見駅 - 【京浜東北線】 - 横浜駅 - 【横須賀線・湘南新宿ライン】 - 武蔵小杉駅 - 【相鉄・JR直通線】 - 羽沢横浜国大駅 そのため、羽沢横浜国大駅の隣駅であるにもかかわらず、羽沢横浜国大駅 - 武蔵小杉駅の運賃(310円)よりも、相鉄・JR直通線のルートから外れている羽沢横浜国大駅 - 鶴見駅・国道駅までの運賃(170円)のほうが安いというねじれが発生している。

相鉄・JR直通線

乗換路線 乗換路線はありません• 出典 [ ] 2019年9月6日時点のよりアーカイブ。 内は品川駅・大井町駅経由の営業キロ。 下りは大崎までは相鉄線直通の埼京線と案内されており、大崎以南は単に「相鉄線直通」として案内されている。

9
この結果、現状のダイヤでは、平常運行時であれば、羽沢横浜国大・海老名方面行は、西大井駅・武蔵小杉駅で総武快速線・東京方面からの新川崎・横浜・鎌倉方面横須賀線に、大崎・新宿方面行は武蔵小杉駅・西大井駅で横浜・新川崎方面からの品川・東京・千葉方面横須賀・総武快速線に接続するダイヤとなった。 相鉄・JR直通線は2019年度下期、相鉄・東急直通線は2022年度下期に開業予定 相模鉄道にとって、この新路線は本線・いずみ野線に続く第3の路線だ……と思ったら異論有り。

相鉄・JR直通線

日本語 PDF プレスリリース , 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構, 2016年8月26日 , の2017年8月5日時点におけるアーカイブ。 また、これらの路線は、いわゆる上下分離方式による鉄道整備などが盛り込まれた「都市鉄道等利便増進法」に基づく速達性向上事業として、施行されています。 乗換路線 乗換路線はありません• 新横浜駅周辺への企業のオフィス立地が加速する可能性があります。

乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線• 2020年春までは自動精算機または係員窓口での取り扱いとなるが、それ以降はIC定期券に限り自動改札機で自動精算される。 相鉄とJR、東急が直通運転!神奈川東部方面線とは? 神奈川東部方面線は、現在整備中の新しい鉄道路線で、相鉄本線とJR線を連絡する「相鉄・JR直通線」と相鉄本線と東急東横線を連絡する「相鉄・東急新横浜線」という2本の路線を一体的に整備する計画です。