フェアリーステークス【2021年1月11日中山11R】

そこからはゴールまで粘るだけだ。

12
3月13日(土曜)からの 第1回阪神競馬・ 第2回中京競馬は、事前にネット予約で指定席を購入したお客様に限定してご入場いただけます。 3歳で古馬を圧倒するパフォーマンスに、今後どれだけ強くなっていくのか、少なくとも翌年のフェブラリーステークスは断然人気で圧勝すると、多くのファンが感じていた。

安藤勝己(アンカツ)の阪急杯2021予想【東スポプロ予想】

注釈 [ ] 2021年2月24日閲覧。 ストームキャット系【1-0-1-1】• 着外はダッシュが付かず自分の競馬ができないまま終わってしまった2012年トランセンドと、初ダートだった2013年カレンブラックヒルの2頭である。

19
日曜日に行われるフェブラリーステークスの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。 これまでの最高は07年()の4着。

フェブラリーステークス(過去GⅠ成績) JRA

GIという事で特別に東スポに掲載された 安藤勝己さん(アンカツ)の競馬予想 「名鑑定士」アンカツの真偽眼 名騎手として数々のGIレースを制した アンカツこと安藤勝己元騎手が 今週は阪急杯2021の予想をお届けします。 前走東海S• なお、同種牡馬は産駒初出走となった09年から3着以内に好走馬を送り出せなかった年が3回しかなく、昨年もサンライズノヴァが上がり3F最速となる末脚を駆使して3着に好走していた。 マイルは守備範囲だし、スムーズなら」 ・矢野義調教師「昨年は力を出せなかった。

7
上位進出には展開面などの恩恵が不可欠といえよう。 前走1番人気• 2016年からの対象競走に指定され、優勝馬には当該年のへの優先出走権と出走登録料・輸送費用の一部負担の特権が付与される。

2020年 フェブラリーステークス JRA

オーヴェルニュもレッドルゼルと同じく前走1着の5歳馬に該当するのはプラス要素で冬場の成績も良い馬ですが、血統的に西開催・また重馬場を得意とするタイプなので良馬場なら割引き。

ヒヤシンスSを差し切り、ユニコーンSを圧勝した東京ダート1600メートルでの強さをあらためて見せつけて、初のビッグタイトルを手にしたのである。

フェブラリーステークス2021予想

インティは近走は戦績にムラがありますがチャンピオンズCの内容を見ても地力は上位。 過去5年の1~2着延べ10頭は、いずれもこの条件を満たしていた。

4
大雪で序盤の動きはわからずじまい。

JRAフェブラリーS・競馬史に残る最強ダート馬がいた…今年初のG1で新たな最強馬誕生?

4番人気以下【1-0-0-28】 レッドルゼルが前走根岸Sで1番人気です。

11
2019年 - がJRA所属の女性騎手として初めてGIレースに騎乗(騎乗馬は、5着)。 なお、10番人気以下からは2014年1着のコパノリッキー、2020年2着のケイティブレイブ以外は1頭も3着以内に入っていない。

フェブラリーステークス(過去GⅠ成績) JRA

スタート地点は芝コース上にあり、スタート直後は芝コースを走行、第2コーナー付近からダートコースに入る。 1着【3-1-1-8】• 7 柴田政人 第11回 1994年2月19日 東京 1600m チアズアトム 牡5 JRA 1:37. 10戦以下【4-1-0-7】• 着 順 枠 番 馬 番 馬名 性齢 負担 重量 騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気 上がり 3F 通過順 1 2 3 牡4 57. 春の近づきを思わせる陽気の中、根岸S快勝のレッドルゼル、東海Sを制したオーヴェルニュ、マイルCS南部杯の覇者アルクトス、このコースを得意とするサンライズノヴァ、昨夏からの充実ぶりが著しいソリストサンダーなど、16頭の砂巧者が集結した。 1600m【0-0-1-3】• 京都【0-0-0-9】• 2~4番人気が毎年3着以内に入っているので、基本的に人気サイドを信頼できるレースと言えよう。

7
追いかけてくるインディチャンプが前に出ようとするところで、鞍上に促されると素早く反応。

フェブラリーステークス G1

ローテのみを見ると過去の臨戦過程よりはデータ的に良く、7歳馬なので頭は厳しいですが2~3着候補としては有力です。 前走でルメール騎手が騎乗していた馬が 2-2-2-2 、戸崎騎手が騎乗していた馬が 2-1-1-5。 0(第33回優勝馬モーニン) 脚注・出典 [ ] 参考文献 [ ]• 9 (株)アモン 第3回 1986年2月15日 東京 1600m ハツノアモイ 牡5 JRA 1:36. 中盤まで掛かったような動きを見せるのはいつものこと。

9
1 管浦一 第2回 1985年2月16日 東京 1600m 牡6 JRA 1:36. だが今年は群雄割拠の戦国時代を彷彿させる大混戦といえる状況。