カローラスポーツ(トヨタ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

併せてモーターも「3JM」型から「1NM」型との組み合わせとなっている。 ACCは全車速に対応しており、停止/再発進も自動で行う。 昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」• C-HRと共通点が多く、 C-HRのハッチバックバージョンと言えるカローラハッチバック、プリウスと同じハイブリッドを使用しながらサイズダウンしてスポーティーさを演出しているあたり、 プリウスのスポーツバージョンともいえそうです。

11
車体の割に小回り効き運転しやすい。

トヨタ・カローラスポーツ

が、308はそれと引き換えに、カーゴスペースの奥行きが豊かという特質を持っていた。 日本仕様には、先に最新世代になっているプリウスやC-HRにも搭載された1. 薄いスポーツタイヤを装着しているわりには静か。 内装は「G"Z"」と「HYBRID G"Z"」において、本革シートの内装色にブラックが追加設定されたほか、カローラ(セダン)やカローラ ツーリングに採用されているディスプレイオーディオが全車標準装備され、スマートフォンとの連携(SmartDaviceLink・・)に対応したほか、エントリーナビキット又はT-Connectナビキットの選択により車載用ナビ機能の利用も可能である。

2LターボにCVTと6速MTを組み合わせてコスト低減と運転感覚の向上を図るべきだが、古い1. かなり気に入りました。

カローラスポーツ

これはちょっと残念ですよね。 なお、駆動方式は前輪駆動のみの設定となる。 インテリアにはファブリックのスポーツシートを備え、オプションでフルレザーのシート表皮を設定。

16
デュアルピニオン式の電動パワステは、欧州では下位のBセグでも一般的なところ、日本勢ではこのクラスではシビックぐらいしか採用例がない。

カローラスポーツ(トヨタ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

jp ハイブリッド車の駆動用バッテリーが ニッケル水素電池からリチウムイオン電池に変更されました。 大きな変更点としては「プリクラッシュセーフティーシステム」が夜間の歩行者と自転車運転者にも対応できるようになります。

13
一度命を救われたかもしれない 【乗り心地】 AVS搭載車だが、当初はゴツゴツ固くてあまり印象が良くなかった しかし3000㎞を過ぎたあたりから角が取れたかのように滑らかになった コンフォートモードとノーマル、スポーツ+モードではかなり乗り味が違う コンフォートでは、不快な突き上げが少なくなり個人的に高評価 スポーツ+でも突き上げなどは抑制されており、乗り心地が破綻するほどではない 遮音はもう少し頑張ってほしいが、車格を考えれば仕方がないか 【燃費】 高速:一般道が6:4で、21㎞ぐらいだと思う 【価格】 オプションを沢山つけるとかなり高くなるが、バリューフォーマネーとは思う 【総評】 いい車です。 トヨタの新世代「キーンルック」デザインの中ではかなり落ち着いた印象の外観。

【愛車は色で選ぶ!】「トヨタカローラスポーツ」の人気カラーランキング&全カラー紹介!

,1984,1985,1989• スポーツのリアデザインとは大きく違う ツーリングにはスポーツにない1. より感心したのは安いほうのダンパーだ。

サスペンションを一番ハードに設定した時のクルマの動きはエクセレント。 狭いと感じるか、必要充分と感じるかは人それぞれ。

2年目のカローラスポーツに設定された特別仕様車が「超々お買い得」なワケ【新車】

今回は終始1名乗車だったためドライブ感を試すことはできなかったが、座ってみたかぎり前方視界もあまり良いとは言えなかった。 道路比率は市街路3、郊外路3、高速2、山岳路2。 その特徴は、• 凹凸によっては、シルバーを帯びたグリーンに見えることもあり、従来のブロンズに比べて個性的な仕上がりになっています。

8リッター直4エンジン+電気モーター+バッテリーのハイブリッドだ。 どちらが優れているかはそれぞれ一長一短あれど、コスト面でトーションビーム式が勝るのはいうまもなく、ゴルフやカローラの前身であるオーリスの例からしても、上級機種にマルチリンク式を採用していることが事情を象徴しているといえそうだ。

【トヨタ カローラスポーツ 450km試乗】前席重視で“ど真ん中”を外した作りのメリットとデメリット

ホワイトパールクリスタルシャイン070のカラーもプラチナホワイトパールマイカ089に変更になっている。

13
jp 新色として グレーメタリックと プラチナホワイトパールマイカが追加されました。