労働安全衛生法とは?経営者がやるべきことをわかりやすく解説

危険防止のために必要な措置 事業者が行うべき措置 対象となる危険等又は措置の内容 危険防止の措置 ・機械、器具その他の設備による危険 ・爆発物、発火性の物などによる危険 ・電気、熱その他のエネルギーによる危険 ・掘削や砕石の作業方法から生ずる危険 ・墜落や土砂等の崩落などのおそれのある場所の危険 健康障害の防止措置 ・原材料、ガスや蒸気などによる健康障害 ・放射線、高温、騒音、振動等による健康障害 ・軽気監視、精密工作等の作業による健康障害 ・排気、廃液又は残さい物による健康障害 危険が急迫した際の措置 ・作業の中止や退避などの措置 事業者は、労働者の安全な労働環境を確保し、労働災害の発生を未然に防ぐための措置を講じなければなりません。 危険防止に関して全ての事業者が講ずべき措置• 危害防止措置基準に違反する事実がない場合においても、労働災害発生の急迫した危険があり、かつ、緊急の必要があるときは、必要な限度において、事業者に対し、作業の全部又は一部の一時停止、建設物等の全部又は一部の使用の一時停止その他当該労働災害を防止するため必要な 応急の措置を講ずることを命ずることができる(第99条)。

10
現在、作業効率の向上や労働環境を改善するための方法として、産業用ロボットの導入が注目を集めています。

労働安全衛生法とは―働き方改革法案で改定されたポイントも解説

また、事業者等が実施する、 「労働災害の防止に関する措置」に協力するように努めなければなりません。 生産性向上 安全な作業を行うための教育も、安全衛生管理の一環に含まれています。 第38条の検査、性能検査、個別検定又は型式検定の結果についての処分については、 をすることができない(第111条)。

事故時等における応急措置及び退避に関すること。 事業者は、以下の事故が発生した場合には、遅滞なく、所定の様式をもって 事故報告書を所轄労働基準監督署長に提出しなければならない(規則第96条)。

・労働安全衛生規則(◆昭和47年09月30日労働省令第32号)

貯蔵又は取扱い上の注意• ただし、主として一般消費者の生活の用に供される製品として通知対象物を譲渡し、又は提供する場合については、この限りでない(第57条の2、施行令18条の2)。 令第二十三条第三号の業務 じん肺法 昭和三十五年法律第三十号 第十三条第二項 同法第十五条第三項、第十六条第二項及び第十六条の二第二項において準用する場合を含む。

2
しかし、2019年4月以降は、「80時間を超えて時間外・休日労働をし、かつ疲労の蓄積が認められる者」で「本人からの申し出がある場合」という基準に変更されています。

労働安全衛生法

ただし、輸入された特定機械等及びこれに係る厚生労働省令で定める事項 (次項において 「輸入時等検査対象機械等」という。 掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。 事業者が措置を講じているにもかかわらず、労働者の規則違反による負傷が発生した場合、労働者自身が責任を問われる可能性もあります。

19
作業環境の管理 作業環境測定 作業環境測定の評価 評価による職場の改善 作業の管理 潜水業務など一定の業務についての作業時間の制限 作業方法や作業姿勢などの改善 労働者の健康保持や健康増進のための措置 事業者には、労働者の健康管理および生活習慣病予防のための健康保持や増進措置が定められており、次の実施内容が定められています。

会社の便器の数、実は法律で決まってます!

又は高等専門学校 旧専門学校令 明治三十六年勅令第六十一号 による専門学校を含む。 厚生労働大臣は、この届出があった場合には、厚生労働省令で定めるところにより、有害性の調査の結果について学識経験者の意見を聴き、当該届出に係る化学物質による労働者の健康障害を防止するため必要があると認めるときは、届出をした事業者に対し、施設又は設備の設置又は整備、保護具の備付けその他の措置を講ずべきことを勧告することができる。

最大支間50メートル以上の橋梁の建設等の仕事• ただし、労働者の健康障害を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。 施行令別表第七に掲げる建設機械で、動力を用い、かつ、不特定の場所に自走することができるもの• 5トン以上の移動式クレーン• 安全衛生活動への取り組みとして、産業用ロボット導入を検討してみるのもよいかもしれません。

労働安全衛生法及びこれに基づく命令に係る登録及び指定に関する省令

したがって、労働基準法第10条でいう「」とは必ずしも一致しない。

13
労働安全衛生法で大まかな原則を定め、より具体的な事項を労働安全衛生規則でルールや行動の指針を定めています。 (積載荷重1トン以上(簡易リフト及び建設用リフトを除く))• ワイヤロープの切断• 関連記事: 参考記事:. )があつたときは、その事業の全部を譲り受けた者又は相続人 (相続人が2人以上ある場合において、その全員の同意により事業を承継すべき相続人を選定したときは、その者。

労働安全衛生法|条文|法令リード

建設物、附属建設物又は機械集材装置、煙突、高架そう等の倒壊の事故• 特定元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場所において行われることによって生ずる 労働災害を防止するため、次の事項に関する必要な措置を講じなければならない。 製造現場で働いている作業員は、常に危険と隣り合わせです。 事業者は、厚生労働省令で定めるところにより、第1類特定化学物質、第2類特定化学物質及び通知対象物による 危険性又は有害性等を調査しなければならない。

19
この場合において、その者がクレーン・デリック運転士免許と異なる種類の免許を現に受けているときは、当該クレーン・デリック運転士免許に係る免許証に、当該異なる種類の免許に係る事項を記載するものとする。

安全・衛生 |厚生労働省

第53条の3 第46条及び第46条の2の規定は第41条第2項の登録について、第47条から前条までの規定は登録性能検査機関について準用する。 墜落や土砂等の崩壊による危険• 作業床の高さが2メートル以上の高所作業車 建築物貸与者の責務 建築物で、政令で定めるものを他の事業者に貸与する者( 建築物貸与者)は、当該建築物の貸与を受けた事業者の事業に係る当該建築物による 労働災害を防止するため必要な措置を講じなければならない。 独立性・中立性をもった立場にするため、事業者は産業医が辞任したときや解任したときは、おおむね1カ月以内にその旨を衛生委員会・安全衛生委員会に報告しなくてはなりません。

9
注文者の責務• 労働基準監督官は、労働者に急迫した危険があるときは、第98条1項の権限を 即時に行うことができる(第98条3項)。 爆発性の物、発火性の物、引火性の物その他の労働者に 危険を生ずるおそれのある物若しくは、ベンゼンを含有する製剤その他の労働者に 健康障害を生ずるおそれのある物で政令で定めるもの( )又は上記厚生労働大臣の許可を必要とする物を容器に入れ、又は包装して、譲渡し、又は提供する者は、厚生労働省令で定めるところにより、その容器又は包装(容器に入れ、かつ、包装して、譲渡し、又は提供するときにあっては、その容器)に、以下の事項を表示しなければならない。

労働安全衛生法

特定事業の仕事を自ら行う注文者は、建設物、設備又は原材料を、当該仕事を行う場所においてその請負人(当該仕事が数次の請負契約によって行われるときは、当該請負人の請負契約の後次のすべての請負契約の当事者である請負人を含む。 事業者は現場ではたらく作業員の命を守るために、こうした措置を決して怠ってはいけません。

7
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。