世界の電圧と、コンセントの形状

コンセントは大きく「単相」と「三相」の2種類が存在します。 タイプAは接地極がないため、接地を怠ると感電する恐れがある。

2
一方、2008年7月1日からは、フランスで採用されているタイプEが壁面のコンセントとして使えるようになった。 連用形 : いわゆる連用枠に取り付けられるもの。

コンセントのホットとコールド?2つの穴には正しい向きがある! [ホームシアター] All About

パソコンなどを多数接続できるOAタップは、プラグが接地極付きになっていることが多く、壁コンセントが接地極なしタイプでは差し込みができない。 防水形パネルコンセント ナイロンカバータイプ• 防水形フランジインレット 高容量タイプ• フィンランド、ノルウェー、スウェーデンでは子供のイタズラ防止用シャッターをつけることが義務付けられているが、シュコの標準規格ではこの決まりがない。 防水形フランジインレット 高容量タイプ• 普段、何も気にしないで使っている 「コンセント」ですが、考えてみればとても便利なスグレモノ。

18
・医療用コンセント 医療機器を使う際のコンセントです。 日本ではの技術上の基準を定める別表第四の6などに規定がある。

コンセントとは

より良い画質、音質に興味の有る方は勿論、興味無い方も、暇つぶしにトライしてみてはいかかでしょうか? 【目次】• 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 電気を安全に取り扱うために重要なこと 長期間プラグを挿しっぱなしにしていると、コンセントとプラグの間にほこりがたまります。 防水形プレート 耐じん・噴流形• フランジコンセント• 壁に埋め込まれたコンセントを見てください。

13
JIS C 8283-2-1 IEC 60320-2-1 家庭用及びこれに類する用途の機器用カプラ-第2-1部 : ミシン用カプラ• 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 ピンが楕円をしている。

コンセントには向きがある? アースって何? [ホームシアター] All About

テーブルタップを使用して多数の電気機器を接続する場合、抜け止めタイプ、未使用タップのホコリガード付きといった特殊な製品を選定したり、定期的に差込口付近を清掃し、異常発熱が発生しないよう注意が必要である。

9
古い家電製品を使用している場合、プラグの根本まで導体が露出しており、これを樹脂で覆うことで、湿気を含んだ埃が堆積しても、トラッキングが発生しにくくなる。

配線用差込接続器

タイプ プラグの規格 電圧 V 許容電流 A 接地極 極性 ヒューズ A 極性なし 125 15 なし なし なし 極性付 125 15 なし あり なし JIS C 8303 クラスII 100 15 なし なし なし B 125 15 あり あり なし 125 20 あり あり なし JIS C 8303 クラスI 100 15 あり あり なし C 250 2. 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 また、コンセントの挿し込み口のほこり防止としても使えます。

7
大電流が流れる電気ヒーターやドライヤーの電気機器は、多数接続されていれば20Aを大きく超過するため、ブレーカーが働いて電路を保護する。 簡単な作業とは言っても、電線を接続する作業は電気工事士であり、無理な工事を行うことはないであろう。

コンセントバー

今日ではスイッチが無いコンセントも違法ではないが、通電中のプラグのピンに触れることが無いように、コンセントが凹んでいる(例えば右の写真のように外縁がある)ことが義務付けられている。 JIS C 8285-1 IEC 60309-1 工業用プラグ、コンセント及びカプラー-第1部 : 通則• 使用前には必ず、購入された製品の取扱説明書をよくお読みください。 JIS F 8836 船用防水形プラグ及びソケットアウトレット通則(IEC 60309-1と同等ではないが、JIS C 8285-1で省かれた定格電圧の色による識別がこちらにはある)• コンセントの極性と接地 100V用のコンセントは、2つの孔があいている差込口にプラグを差し込んで給電する配線器具である。

13
コードの延長距離が長くなるため、机や家具の足でコードが圧迫されて断線する可能性が高くなったり、歩行中に足を掛けて引っ張ってしまう、中途半端な差し込みになるといった要因となり、電気抵抗の増加、接触不良、電圧降下など、多くのリスクにつながる。 古いタイプのプラグは電極が3枚の平板であり、Y字型に並んでいる。

コンセントには「正しい差し込み方」があった! その方法とは?

比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。

5
イタリアの規格では、コンセントには子供の悪戯防止用シャッターの取り付けが義務付けられている。 トリビアや雑学、自慢できる無駄知識。