2023年の大河ドラマ主演に松本潤が決まっても嵐ファンが全っ然喜べない理由 (2021年1月21日)

主な作品に「外事警察」(NHK)、「鈴木先生」「リーガル・ハイ」「デート〜恋とはどんなものかしら〜」「コンフィデンスマンJP」。

10
三河武士の熱意に動かされて弱小国の主として生きる運命を受け入れた家康が、織田信長、武田信玄らが割拠する乱世に飛び込む姿を描く。 2017年 NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」• 俳優の木村拓哉が、2023年のNHK大河ドラマの主演に抜擢されることが決まったと「東スポ」が報じている。

松本潤、2023年NHK大河『どうする家康』で「嵐のメンバー勢ぞろい」があり得るワケ

そして、この「チーム徳川」のセンター・徳川家康を演じるのが、松本 潤さん。 果たして戦乱の世は、終わりを告げるのか? この国に未来はあるのか? どうする家康! 大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。 佐藤健さん• また次に、心血を注いでみんなとモノづくりができるなら、この大きな挑戦をしてみたい。

13
2022年の大河ドラマは、 北条義時を軸に鎌倉初期の武家政権を描く 「鎌倉殿の13人」に決定しました! 2020年1月8日 NHK この発表には意表を突かれました。 さらに父に仕えていた旧臣たちと再会、彼らに松平家(のちの徳川家)再興の思いがくすぶっていることを知る。

2023年NHK大河ドラマは松本潤主演の『どうする家康』! 乱世を生き抜く新たな徳川家康像に期待

人生は、正解のない決断を「どうする?」と迫られることの連続でしょう? そう提案させていただき、大役を仰せつかることになりました。

20
「デイリースポーツ online」が報じている。 櫻井翔と相葉雅紀は嵐時代のレギュラー番組を引き継ぎつつタレント活動を続け、松本と二宮は俳優業を中心に活動するということになっている。

「ビックリしました…」2023年NHK大河ドラマ、主演は松本潤

ちなみに、来年放送の吉沢亮さん主演『青天を衝け』には草彅剛さんの出演が決定し、2022年放送の小栗旬さん主演『鎌倉殿の13人』には香取慎吾さんの出演内定情報があります。

6
タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。

2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』 松本潤が主演、古沢良太が脚本(inthemkng.com)

唯一の不安は、家康は面白いエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと・・・。 準主役的な位置ならわかるけど。 楽しみにしていてください。

13
NHKに掲載されたコメントによると、松本さんは2020年の11月に大河主演のオファーを受けたそうですが、嵐として活動中だったため、年明けまで返事を待ってもらっていたそう。

松本潤、2023年NHK大河『どうする家康』で「嵐のメンバー勢ぞろい」があり得るワケ

松本さんには周囲を動かす情熱があり、彼のためなら何とかしたいと、みんなを引きつける魅力があります。 松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じて頂けると確信しています。

1
「このまま主役が木村で決まれば、司馬遼太郎の名著『関ケ原』をモチーフに、石田三成を主人公にしたスピンオフドラマ企画が俎上にあがっている。